冬の寒い時期にホットスムージー!冷えの原因や対策方法、体を温める食材とは?

身体によくない寒さや体質での「冷え」がもたらす影響

 

寒さが厳しくなってくる冬には当然身体が冷えますよね。

また気温に関係なく極度に冷え性だったり生理期間中といったその時の体質によっても、身体が冷えやすくなってしまう人がいます。

更に周囲の環境や体質に関係なく、冷たい物を飲み食いしても身体は冷えてしまいます。

特に夏は暑いので冷たい物を口にしたくなりますし、ダイエットをして冷たい飲み物中心の食生活になっている場合などは、身体に「冷え」をもたらしやすい状況と言えます。

こうした状況で身体が冷えてしまうのは、

 

・体内の熱が奪われてしまう
・体内の熱がきちんと全身に伝わりにくくなる

 

ことが原因となっています。

例えば、寒さは体温を奪いますし、冷え症や生理になれば身体の血流が悪くなって熱が上手く行き届かなくなってしまいます。

冷たい飲み物や食事は、身体の内臓組織の温度を奪う「内臓冷え」をもたらしてしまいますしね。

このように体内の熱が減り、各器官が本来の機能を果たせなくなった場合、

 

・新陳代謝が下がり、エネルギーの変換が鈍くなる
・体内酵素のはたらきが鈍り、消化機能などが低下する
・身体の免疫能力が下がり、病気や風邪にかかりやすくなる

 

といった身体上の問題が生じてしまいます。

代謝が下がれば肌が荒れやすくなったり太りやすくなってしまいますし、酵素の働きが鈍くなれば消化が悪くなります。

また免疫能力が下がれば体調を崩しやすくなってしまいます。

ちょっと身体が冷えただけと甘く見ていると、美容や健康などに大きく悪い影響を及ぼしてしまうのですね。

 

「冷え」の改善や身体を冷やさない方法

冷えによる身体への悪い影響を少しでも抑えるため、普段から対策をする方法があります。

冷えに対抗する熱を体内で自ら生み出したり、外部の刺激によって生み出す方法です。

食事の改善による方法もありますが、このあとにご紹介します。

 

運動をして自ら体内で熱を生み出す

身体を温めるために体内で熱を増やす方法として、運動をすることが効果的です。

運動をすることで体内の機能が活発化して体温が上がり、酷使された筋肉では熱が発生します。

腹筋や腕立てを少ししただけでもその部分が少し熱くなったりしますよね。

1日20分間走ってみたり、40分間歩いたりするだけでも身体の代謝は向上します。

もしそうした極端な方法で運動ができなくても、普段エレベーターを使っている方は階段に変えてみたり、通勤を出来る範囲で徒歩に変えてみたりと、生活の中に少しの運動を取り入れるだけでも効果があります。

ただし運動をすると汗をかいてしまいます。

汗は体温を奪って体外に出てしまいますので、運動後はなるべくすぐに汗をふいて身体が冷えないように気をつけましょう。

 

ストレッチやマッサージで代謝を上げる

普段から同じ姿勢をすることが多く、特に運動もしていない方は体内の血のめぐりが悪くなっています。

血流が悪くなると肩や首がこりやすくなったり、足がむくむなどの問題が生じてしまいます。

それだけではなく指先などで血の流れが減ると、熱のめぐりも悪くなって身体の末端が冷えやすくなってしまいます。

そんな時にはストレッチをしたりマッサージを受けて血流をよくすることが効果的です。

ストレッチで身体をほぐすと血流がよくなり代謝もアップ、結果的に体温を上げることができます。

また時間やお金に余裕があるならマッサージや整体に通って、気になる部位の血流を直接プロの手でよくしてもらう方法も良いと思います。

リラクス効果も高まりますので、冷えない身体のまま夜ぐっすり寝ることができて更に効果アップですね。

 

お風呂にしっかりと浸かって体温を上げる

冷えた身体を直接温める方法として、お風呂に浸かることも効果的です。

とはいえあまり熱いお湯に浸かると身体に負担をかけすぎてしまうので、熱すぎるとよいわけではありません。

だいたい40度のお湯で20分から30分程度浸かると良いでしょう。

反対にそれ以下の温度だとあまり効果がありません。

これは40度以上だと交感神経、以下だと副交感神経が働くためです。

交換神経が働くと代謝がよくなって身体の老廃物の流れも良くなるし、体温も上がります。

その中でもなるべく長く湯船に浸かれる40度がおすすめなのですね。

反対に40度以下の温度だと副交感神経が働きます。

副交感神経は身体にリラックス効果をもたらすため、肩こり解消や睡眠効果を高めたりします。

別に温度が低いから悪いというわけではなく、体温を上げるには代謝をよくする交感神経を働かせる入浴温度、時間がいいわけですね。

もちろんお風呂上りはしっかりと身体を拭いて湯冷めしないようにしましょう。

ちなみに40度でも熱いという方は、37度~38度のお湯に10分間浸かるだけでも体温は1度上がりますので十分効果的です。

 

 食べ物で「冷え」を改善する方法

運動や入浴、ストレッチやマッサージなどで身体の「冷え」を対策する方法をご紹介しました。

ただそんなことをする時間やお金といった余裕がない方が大半だと思います。

運動は嫌いだしゆっくりお風呂に入る時間はない、ストレッチは苦手でマッサージに行くほどお金に余裕もない・・・

そんな方は普段の食事にちょっと気をつかうだけでも、身体の「冷え」を予防することができます。

 

冷たいまま飲まない食べないで身体を冷やさない

口にする飲み物や食べ物が冷たいままだと、当然それを取り入れた体内は冷えてしまいます。

イメージしやすいのは夏場のジュースやアイスクリームでしょうか。

あとはそうめんなども氷を入れて冷やして食べるので注意が必要ですね。

別に夏場に限らず、冬場でも冷蔵庫に入れておいた牛乳などを飲むと身体は冷えてしまいます。

あとは自動販売機やコンビニなどで買った飲み物も、冷えたまま保存されていたので身体を冷やす原因になります。

このように食事を通して身体を冷やさないためにも、 なるべく飲み物は常温で飲むようにしたり、食べ物も少し温めてから食べるようにしましょう。

 

普段から身体をあたためて「冷え」を予防しておく

身体を冷えにくくするために、普段からあたたかい飲み物を飲んでおくことで冷えを防止する方法があります。

そしてそのあたたかい飲み物の中でも特におすすめなのが、白湯を飲むことです。

朝起きたすぐやお風呂に入っているときに飲むのがおすすめで、血流をよくしたり代謝を上げたり、腸内環境を整えることで便秘解消にも効果的です。

冬の朝なんかは身体が冷えやすくなっているので、内臓機能を目覚めさせて活発にさせる作用もありますね。

こうして身体を普段から温めておくことで胃の機能低下を防ぎ、急に冷たい飲み物や食べ物を口にしても大丈夫なように慣らしておくことができます。

ダイエットに挑戦しようと食事を減らして、スムージーなど飲み物を積極的に飲むようにしている方は特に身体が冷えがちなので、白湯や生姜紅茶など身体を温めるものを先に胃に取り入れておくとよいでしょう。

交互に冷たい飲み物と白湯を少しずつ飲む方法でも良いですね。

ただもしスムージーを活用しようとお考えの方なら、このような方法でなくても、ホットスムージーを飲むことで身体を温めながら豊富な栄養素を摂ることができます。

ホットスムージーについては最後に詳しくご説明していきます。

ちなみに単純に食事をすること自体でも体温があがりますので、冷たい飲み物を飲んだ後にすぐ食事をすれば身体は冷えにくくなります。

その時は冷たいものを口に入れてから30分以内に食事をするようにしましょう。

30分以上時間が経ってしまうと、身体は冷え始めてしまいますので。

 

体を温めやすい食材・冷やしやすい食材まとめ

毎日基本的に私たちは朝昼晩に食事をしていますが、その内容を少し改善するだけでも十分「冷え」を抑えることができるのです。

実は私たちが何気なく口にしている食べ物や飲み物には、「身体を温めやすい食材」と「身体を冷やしやすい食材」があり、少し注意して食事のレシピを変えるだけで身体の「冷え」を防止することができます。

 

身体をあたためやすい食べ物

・冬によく採れる旬の野菜
・地中で育つ野菜
・黒い色や赤い色、オレンジ色がメインの野菜

 

身体を温めやすい野菜

・にんじん
・ねぎ
・たまねぎ
・ごぼう
・れんこん
・かぼちゃ
・生姜
・にら
・にんにく
・にんにくの芽
・山芋
・ふき
・こんにゃく
・赤唐辛子

 

身体を温めやすい果物

・りんご
・ぶどう
・さくらんぼ
・オレンジ
・いちじく
・あんず
・桃
・プルーン

 

身体を温めやすい飲み物

・黒豆茶
・ココア
・ほうじ茶
・紅茶
・烏龍茶
・赤ワイン
・日本酒

 

身体を冷やしやすい食べ物

・夏によく採れる旬の野菜
・地上で育つ野菜
・白い色や青い色、緑色が主な葉物野菜

 

身体を冷やしやすい野菜

・冷やす野菜 ?レタス
・キャベツ
・白菜
・ほうれんそう
・小松菜
・きゅうり
・トマト
・なす
・ゴーヤ
・セロリ
・もやし
・おくら
・大根

 

身体を冷やしやすい果物

・バナナ
・パイナップル
・マンゴー
・すいか
・みかん
・レモン
・グレープフルーツ
・柿
・キウイ
・メロン
・梨

 

身体を冷やしやすい飲み物

・コーヒー
・緑茶
・牛乳
・豆乳
・ジュース
・白ワイン
・ビール
・ウイスキー

 

よく夏に採れる旬の野菜は身体を冷やしやすいといいます。

なぜならきゅりやトマトなどは夏によく見かける野菜ですが、これらの野菜は暑い夏でも耐えられるように含んでいる水分量が多くなっているためです。

こうした野菜を口にすると身体が冷えやすくなってしまうんですね。

マンゴーやパイナップルなど、南国で育つフルーツにも同じことがいえます。

反対に、 よく冬に採れる野菜である大根やニンジンは、寒い冬を乗り越えるために水分が少なめで栄養素が多く、身体を温めるのにもってこいの食材となっています。

他にもりんごやオレンジは血流をよくしたり、身体を温めて発汗作用をよくして風邪をひいた時の熱を下げる働きがあります。

また身体を温める食材としてよく知られていますが、唐辛子や生姜、コショウやネギなども料理のレシピ使うと効果的です。

味付けの一品として使えば比較的どの料理に混ぜても合いやすいものばかりですね。

特に生姜はお腹の血行をよくする作用があるため、身体の冷え予防に期待できる食材です。

風邪予防の効果もあるので、スムージーといった飲み物に混ぜて普段から飲むようにするのもいいかもしれません。

 

代謝アップに効果的なホットスムージー

身体を温める方法は色々とありますが、どれも基本的には「一時的に体温を上げる」方法になります。

これでは時間が経てばまた身体は冷えてしまいますし、冷え体質の方には効果があまりない場合もあります。

そんな時におすすめなのが、手軽に取り組めて、あったか体質を作り上げることができるホットスムージーです!

スムージーとはそもそも、ミキサーを使って野菜や果物に牛乳などを混ぜる飲み物です。

基本的にスムージーは冷たい飲み物なのですが、温めてホットスムージーにすることで更にその効果を高めることができ、冷え体質の改善にもつなげることができます。

ホットスムージーとは?メリットやデメリット、温め方のポイントを紹介!

2017.05.21

 

スムージーに含まれる栄養素をそのまま活かすことができる

スムージーは自分で混ぜる食材を選ぶことができる飲み物です。

先ほどご紹介した「身体を温めやすい食材」をメインにスムージーを作ることで、身体を芯から温める体質にすることができるのです。

ネギやにらは少し味にクセがありますので、かぼちゃやにんじんといった野菜に、りんごやぶどう、さくらんぼやオレンジといった果物で味付けをしてココアなどを混ぜれば飲みやすいでしょう。

生姜を少し入れると更に効果アップです!

特ににんじんに含まれるβカロテンは温めると吸収量が増えますので、その効果をさらに活かすことができます。

 

温かい飲み物なので身体を温める

すでにご説明はしましたが、寒い時期や冷え体質の身体には普段から温かい飲み物を飲んでおくことが効果的です。

温かい物を口にすることで身体の代謝を上げることができますし、冷たい物を口にした時の冷え予防にもつながります。

さらには血行もよくなりますので、乾燥肌や風邪、体調不良の予防にもなりますね。

 

胃腸の働きを高めることができる

腸の冷えは身体の代謝低下を招き、便秘の原因にもります。

ホットスムージーで身体をあたためると腸内の善玉菌の働きが活発になり、腸内環境もよくなり栄養の吸収率が上がります。

 

スムージー効果で抗酸化作用がアップ

直接に身体の冷えを改善させるものではありませんが、ホットスムージーにおすすめのにんじんやほうれん草、かぼちゃなどに含まれるβカロテンは温めるとその吸収量が増えます。

βカロテンは強い高酸化作用がありますので、身体に溜まった活性酸素を減らして身体の酸化を食い止めることができます。

そうなると美肌の維持やアンチエイジング効果、さらには生活習慣病の予防にもなります。

 

カルシウムを効率的に摂取できる

ホットスムージーのレシピに牛乳やヨーグルトを使うことでカルシウムを効率的に摂取することができます。

温かい状態でスムージーを飲めば胃腸の働きがアップしますが、この時にカルシウムの吸収率が上がるといわれています。

 

ホットスムージーには気をつけなければいけないこともあります。

あまり温めすぎると熱に弱い酵素が壊れやすくなってしまうのです。

酵素が壊れにくいように、50度程度で温めるのがちょうどよいくらいですね。

また温める方法などについても注意が必要なポイントがあったりします。

ホットスムージーの効果については>>こちらでも詳しく説明してますので、興味があれば是非読んでみてください。

またわざわざホットにするスムージーを作る時間も余裕もない!面倒くさい!

という方には、手軽に豊富な栄養素が摂取できる粉末タイプのスムージーを試してみるのもおすすめです。

粉末を水や牛乳に混ぜるだけで作ることができるので、手軽に必要な栄養素を摂取することができます。

私自身粉末スムージーを購入して飲んでみたレビューもありますので、興味のある方は是非読んでみてください♪

 

 

 

スポンサードリンク