スムージーによる便秘解消や予防方法とは?腸の仕組みやメカニズム

スムージーで便秘の予防と解消

 

便秘でお悩みの方は多いのではないでしょうか?

健康的なサイクルだと、週に3回以上は排便ができているはずです。

しかし便秘の方は、何日もお通じがこなかったり下腹部に便が溜まってお腹が張ったりするなど、スッキリしない感じがありますよね。

便秘はそれだけではなく、全身の血行を悪くしたり自律神経の働きを妨げたりと、身体全体の不調を招いてしまったりもするのです。

便秘でお悩みの方は、規則正しい生活を心掛け食生活を見直して必要な栄養素を摂取するようにするなど、生活習慣を見直すことで、便秘体質を改善することができます。

 

便秘が起こる仕組みやメカニズムについて

そもそも、便が排泄されるまでの流れはどうなっているのでしょうか?

口に入れた食べ物は、食道、胃、小腸、大腸と移動して、最終的に肛門から排泄されます。

もう少し詳しく説明しますと、まずは胃が食べ物を消化し、次に小腸でほとんどの栄養素を吸収します。

小腸で更に消化がすすめられた食べ物は、大腸で水分と残りの栄養素を吸収され、直腸に一定量が貯められた後、便意が促されて肛門から排泄される仕組みになっています。

便秘とはこの中でも、主に大腸の持つ問題で引き起こされてしまう現象です。

大腸で便秘になってしまうパターンは大きく分けて3種類あります。

 

弛緩性便秘

ぜん動運動が弱いことで引き起こされる便秘です。

大腸の途中で便を送る力が弱くなるので、そのまま便が硬くなって腸内に留まってしまうのです。

デスクワークの時間が長い方など、日常的に身体を動かさないでじっとしていると、ぜん動運動の動きが弱くなって便を送り出す力も弱くなってしまい、便秘になってしまうのです。

ちなみに「ぜん動運動」とは、大腸がギュッと強く縮んだり緩んだりすることで肛門へと便を送り出す仕組みのことです。

 

けいれん性便秘

弛緩性便秘とは反対に、ぜん動運動が強くなり過ぎると大腸内で痙攣を引き起こしてしまい、便をスムーズに送り出すことができなくなってしまいます。

大腸の途中でぜん動運動が止まるので、そのまま腸内に便がとどまって硬くなってしまうのです。

慢性的にストレスを感じやすい方や、すぐに緊張を感じてしまう方などは注意が必要です。

こうした方は自律神経の乱れを引き起こしやすく、結果的にぜん動運動の調整ができなくなってしまうのです。

 

直腸性便秘

せっかくぜん動運動が順調に機能して直腸まで便を送り出せたとしても、排便のリズムを崩していると便意が起こらなくなり、そのまま直腸内で便が留まってしまいます。

 

そもそも便意とは食べ物が大腸に送られ、ぜん動運動によって便が直腸まで進んだ際に、排便中枢という神経が働いて、直腸から肛門へ便を強く送り出そうとする働きのことです。

と同時に、排便中枢は大脳に便意を伝えるので排便をしようかな、となるのです。

普段の排便のリズムが乱れている方はこうした神経機能がうまく働かず、直腸まで便が進んでいたとしても排便する準備がいつまでも整わないのです。

神経機能を妨げる排便のリズムの乱れは、例えば毎日朝の規則的な時間に便意を生じて排便をしていた方が、仕事にいく時間に余裕が取れなくなって我慢をするようになったり、職場でも便意が生じているのに、周りの目を気にしてトイレに行くのを少し我慢したりしてしまうために起こってしまいます。

要は、便意が生じて身体が排便をしようとしているのにその正常な機能を無理に我慢して、結果的に便意自体が沸かなくなってしまうのです。

便秘になるにはこうした様々な原因があります。

しかし規則正しい生活習慣を送り、食事から適切な栄養素を摂取するようにして、日々のストレスを減らし、自律神経のバランスを整えることで便秘の原因を改善することができるのです!

 

便秘になると身体にどういう影響がでるのか?

便秘になると、腸内で便が溜まり悪玉菌が増えてしまいます。

また溜まった便は、骨盤を圧迫して全身の血行の流れを妨げ、自律神経の働きも妨げてしまうのです。

こうした便秘の影響により身体には様々な症状が出てきます。

 

腹痛、お腹の張り、食欲減退

便が溜まってお腹が張ってしまい、悪玉菌が増えておならが臭くなってしまいます。

胃の働きが弱くなるので食欲も下がってしまいます。

 

肩こり、腰痛、だるさ、倦怠感

便秘によって血行が悪くなると、体内に栄養素を送る機能が低下するため、疲労物質がたまりやすくなります。

そうすると肩こりや腰痛を引き起こしやすくなったり、身体はだるく疲れやすくなります。

 また冷えやむくみの原因ともなりますね。

 

肌荒れ、吹き出もの

大腸の働きは、体内の老廃物を便として排泄することです。

しかし、便秘は老廃物そのものである便の滞留を招きます。

そうすると、排泄する予定だった老廃物は体内の血液に溶け出して、全身の毛穴などから皮脂や汗として排泄されます。

 更に通常の処理能力を超えて排泄機能を使うわけですから、肌は代謝が落ち、結果的に肌荒れにつながってしまうのです。

 

便秘状態で無理にイキんで排便しようとすると、硬くなった便を無理に出そうとするわけですから肛門付近を傷つけて痔の原因となってしまいます。

 

ストレス

便秘でモヤモヤしたり、お腹が張って不快感が続くと更にストレスを溜めやすくしてしまいます。

そうなると自律神経の働きを悪化させて蠕動運動の働きを低下させますので、便秘がひどくなる可能性があります。

 

こうした便秘の症状は、日常生活に支障を与えてしまいます。

特に便秘による様々な症状で悩んでいる方は女性が多いです。

これにはちゃんとした理由があります。

 女性ホルモンの一つに黄体ホルモンがあります。

このホルモンは月経前に分泌量が増えますが、なんと大腸内のぜん動運動を抑えてしまうのです。

女性が便秘になりやすい原因はこのホルモンの影響があります。

 

規則正しい生活&スムージーでお手軽に栄養を摂って、便秘の予防と解消!

便秘を予防したり解消するには、規則正しい生活習慣を身に付け、必要な栄養素を食事から摂取するなど体内から改善していくことが重要です。

特にここでは、お手軽に必要な栄養素を摂取する食事方法として、スムージーを飲むことをおすすめしています。

 

生活習慣の見直しによる便秘予防と解消

規則正しい生活習慣とは何でしょうか。

それは、腸が適正に働くように心がけた習慣のことです。

睡眠は規則正しく、しっかりとした時間を確保することで自律神経やホルモンの働きを正常にしますし、毎日きちんと朝に便意がくるような体内リズムを整えます。

また適度に運動して汗を流すことで、体内の老廃物を減らしたり自律神経を整えたり、ぜん動運動など腸の働きを促したりすることができます。

睡眠と運動はどんな症状にも効果的ですね。

 

必要な栄養素を摂ることで便秘予防と解消

便秘に効く栄養素には食物繊維があります。

他にも乳酸菌やオリゴ糖、ビタミンB群やビタミンEなどがあります。

 

食物繊維・・・大葉、パセリ、バジル、いちじく、干し柿、

食物繊維には水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けにくい不溶性のものがあります。

水溶性食物繊維は水を吸いながら便に吸収されるので、便の水分量を増やすことができます。

また不溶性の食物繊維は繊維状になっており、腸内のぜん動運動を活発にします。

つまり、水溶性でも不溶性でも食物繊維は便秘改善に必須の栄養素になるということです!

 

乳酸菌、オリゴ糖・・・ヨーグルト、みそ、漬物、バナナ

乳酸菌とオリゴ糖は腸内で善玉菌を増やします。

便秘で増えがちな悪玉菌を減らし、腸内環境を整える役割を果たします。

 

ビタミンB群・・・マンゴー、バナナ、メロン、パセリ

ビタミンB群に含まれるパントテン酸は自律神経を正常に保ち、腸のぜん動運動を促します。

 

ビタミンE・・・アボカド、モロヘイヤ、赤パプリカ

自律神経を正常に保ち、便秘で悪くなりがちな血行をよくする作用があります。

あと水も便秘予防や改善に必要になりますので、一日1.5リットルは飲むようにしましょう。

 

また、もちろんこうした栄養素は一回食べればよいというものではなく、現状の食生活を見直し、継続して摂取する必要があります。

このサイトでおすすめしている食事改善の方法は、スムージーで手軽に効率よく、必要な栄養素を摂取する方法です。

特に粉末タイプのスムージーを利用すれば、わざわざ毎回食材を買って作る必要がないので便利です。

スムージーは一日一杯飲めば必要な栄養素を十分摂取できるので、自分に必要な栄養素が含まれた食材でレシピされたスムージーの粉末を使い、便秘改善に挑戦してみてはいかがでしょうか

私自身粉末スムージーを購入して飲んでみたレビューもありますので、興味のある方は是非読んでみてください♪

 

 

 

スポンサードリンク