スムージーでむくみを解消!むくみの仕組みや症状、予防方法を解説

スムージーでむくみの予防と解消

 

朝起きたら顔や身体がむくんでいたり、仕事から帰ってきてヒールを脱ぐと足がむくんでいたりと、誰もがどこかしらにむくみを感じたことがあるのではないでしょうか?

いつもよりパンパンになった部位を見ると悲しくなりますよね。。

むくみの種類は大きく分けて二つあります。

体内の水分量が増えることでおきる一時的なむくみと、肝臓や心臓に何かしらの病気があっておこる慢性的なむくみです。

運動をしたり食事を工夫して体内の水分を減らしたり、もし慢性的にむくみを感じるならば、内臓器官に問題があるかもしれないので医療機関で見てもらうようにしましょう。

 

むくみの原因。仕組みやメカニズムについて

むくみになってしまうには様々な原因があります。

ただどの原因にも共通するのは、 体内の水分量が増えてしまうことによって各部位の細胞間に水分が溜まってパンパンになってしまい、むくんでしまうということです。

特に顔や手足はむくむと目立つので、気になる方が多くなっちゃうんですね。

 

同じ姿勢をとりつづけることが多い

デスクワークや立ちっぱなしでいることが多い場合、通常より血液が長時間身体の下方に溜まってしまいます。

そうすると全身に血液やリンパ線を運ぶ能力が低下して、循環機能の不良をおこしてしまうのです。

結果的に、仕事が終わって家に帰ると足がむくんで、疲れを感じやすくなってしまいます。

長時間の睡眠によるむくみの原因もこれになりますね。

 

運動不足

運動量が落ちると筋肉量が減るため、身体の下方に溜まった水分を含んだ血液を心臓に送り返すことができず、むくみが生じてしまいます。

とくに下半身の筋肉は第二の心臓と言われるほど全身に血液を循環させる重要な筋肉が多いため、適度に運動をしておかないとすぐにむくんでしまいます。

 

塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎてしまうと身体は体内の塩分量を薄めようとするため、水分をより溜め込もうとします。

食事から摂取する塩分は適量にとどめないとむくみの原因となってしまいます。

 

お酒の飲みすぎによるアルコールの過剰摂取

通常の処理能力を超えてお酒を飲みすぎてしまった場合、体内のアルコール濃度を下げようとして水分を溜め込んでしまうために、顔や手足がむくんでしまいます。

飲みすぎた次の日の朝にむくみを感じてしまうのはこれが原因ですね。

 

体温調整の妨げ

夏になると冷房をかけたくなりますが、あまり温度を下げすぎてしまうと汗をかかなくなってしまうので、結果的に身体から水分が排出されなくなりむくみの原因となってしまいます。

 

内臓器官の病気

上記のむくみの原因は主に一時的なものですが、内臓器官に問題があることでむくみが生じてしまう場合があります。

例えば、動脈で全身に送られた血液は静脈によって心臓に送り返されます。

その際、静脈には逆流を防ぐために弁がついているのですが、その機能がうまく働かなくなって心臓に血液を送り返すことができず、そのまま身体の一部に水分を含んだ血液が溜まってむくんでしまうのです。

他にも、肝臓は通常血液内に水分を保持させる機能があるのですが、肝臓の機能が弱まってしまうと、血液から全身に水分が漏れたまま心臓に戻らず、むくみの原因となってしまうのです。

腎臓の機能が低下してしまうと、水分を尿でうまく排出できなくなるためむくみの原因になったり、心臓の機能が弱くなると、血液を順調に戻せなくなって身体の一部に水分を溜めてむくんでしまったりと、内臓器官の機能低下はむくみに大きな影響を与えてしまいます。

 

スムージーでむくみの予防と解消する方法

ここまで、むくみの原因についてご紹介してきました。

基本的には体内の水分量が増えてしまう、または身体の一部に偏って溜まってしまうためにむくみは生じてしまいます。

そして、水分を循環させたり排出させる内臓器官が機能低下することによって、そうした水分量の調節や循環機能の能力を下げてしまいます。

内臓器官の機能低下は程度がひどくなれば市販の薬の服用や医療機関で見てもらうことが大事です。

ただし普段からできることもあります。

それは、 むくみ予防や解消に効果的な栄養素を食事からしっかりと補充することです。

そしてこのサイトでは、効率的に手軽にそうした栄養素を摂取する方法として、スムージーを飲むことをおすすめしています。

 

カリウム・・・パセリ、ほうれんそう、りんご、グレープフルーツ

むくみ予防や解消に最も有名な栄養素です。

体内の塩分を排出する効果が非常に高いため、水分量を正常に調節することができます。

塩分が多いとそれだけ水分が多く必要になりますからね。

 

サポニン・・・きゅうり、すいか、ぶどう

利尿作用が非常に高い栄養素になります。

尿をきちっと体外に排出することでむくみを解消するわけですね。

 

ポリフェノール・・・りんご、桃

ポリフェノールは血液の流れを円滑にするため正常な水分の循環に非常に効果的です。

血液循環の不良はむくみの大敵ですからね。

ビタミンB1にもこの効果があります。

 

ビタミンB6・・・パセリ、大葉、バナナ、干しぶどう

ビタミンB1同様、血液の流れを円滑にする役割がありますが、ビタミンB6にはホルモンバランスを調整する力もあるため、生理前のむくみにも非常に効果的です。

こうした栄養素を摂取する場合は、必要な食材をまとめて効果的に食べることができるスムージーがおすすめです。

特に最近粉末タイプのグリーンスムージーは、手間がかからず毎日手軽に飲むことができるスムージーとして人気があります。

症状に効果的な栄養素が含まれたスムージーを選べば、むくみの改善にも非常に効き目があります。

また食事をスムージーに置き換えれば、食費は減って無駄な栄養素の摂取を抑えることができます。

毎回手間をかけずにバランス良く栄養を摂りたいなら、この粉末タイプのグリーンスムージーをおすすめします。

粉末を水や牛乳に混ぜるだけで作ることができるので、手軽に必要な栄養素を摂取することができますしね。

私自身粉末スムージーを購入して飲んでみたレビューもありますので、興味のある方は是非読んでみてください♪

 

 

 

スポンサードリンク