絶対に欲しい!スムージーの保存や持ち歩きにおすすめのボトル容器まとめ

スムージーの保存や持ち歩きにおすすめの容器の選び方

 

せっかく作ったスムージーを一度に飲みきるのではなく、作り置きのために保存したり、仕事や外出のために持ち歩きをしたい場合はよくあると思います。

そうした場合のための、さまざまなおすすめの容器についてご紹介していきます。

スムージーの保存や容器に適した容器を選ぶ場合は、基本的に以下のスペックを事前にチェックしておくことが大事です。

・容量
・保冷力
・口径
・密閉性

 

【容量】自分に必要な容量を選ぶ!

作りすぎた分のスムージーを保存できるだけの容量があるか、持ち歩きたい分量にあった容量かなど、自分の用途にあった容量の容器かは重要なポイントになります。

持ち歩きたいなら300ml~500mlの容量、大量に作り置きをしておきたいなら1L以上の容量の容器を選ぶとよいです。

ただしスムージーは基本的に長期保存に向いていない飲み物になりますので、作り置きする分量には注意が必要です。

 

保冷力】食材を腐らせない保冷力が大事!

スムージーには生の野菜や果物といった食材を使います。

当然常温以上の温度にさらされればそれだけ早く腐ってしまい、含まれている栄養素は壊れやすくなってしまいます。

ですので、なるべく保冷力のある容器であることが望ましいです。

 

口径】口径は大きいものを選ぶ!

通常の飲料とは異なりスムージーは生の食材を砕いて作るだけですので、少しドロッとした状態になります。

容器の口径が小さいと注ぎにくかったり飲みにくくなってしまいますので、なるべく広めの口径であることが望ましいです。

またあとから保冷のために氷などを追加する場合も口径が広いと入れやすいですね。

 

密閉性】完全密閉で食材の酸化を防ぐ!

スムージーを保存や持ち歩きをする場合、一番怖いのは空気に触れることによる酸化の進行です。

なのでパッキン付きのフタがついていたりと、なるべく空気に触れにくい容器であることが重要です。

 

以上のような条件を満たす容器で特にオススメなのが、

・ボトル
・シェイカー
・タンブラー
・水筒

になります。

おすすめのタンブラーや水筒についてはほかの記事でもご紹介してますので、気になる方は是非そちらもご覧下さい。

ここでは特に、比較的に簡単に短期間の保存や持ち歩きにおすすめのボトル容器についてご紹介していきます。

 

保存や持ち歩きに便利なボトル容器6選

TODAY’S SPECIALのMY BOTTLE

ペットボトル感覚のボトル容器といえば、TODAY’S SPECIAL(トゥデイズスペシャル)のMY BOTTLEが一番有名ですね。

おしゃれでシンプル、かわいくて使いやすい容器となっています。

スムージーだけではなく、温かいお茶や冷たいドリンクを入れたりと、幅広い用途で人気があるボトルですね。

そもそもTODAY’S SPECIALとは、東京の自由が丘や渋谷にある大人のライフスタイルを提案しているおしゃれ雑貨屋さんで、MY BOTTLEはそこで取り扱われているボトルになります。

今でこそ様々なメーカーやブランドから似たようなウォーターボトルが発売されていますが、TODAY’S SPECIALのMY BOTTLEがその火付け役になったといっても過言ではありません。

容量は500ml、幅6.5cm×高さ19.5cmとペットボトル並の大きさで保存にも持ち歩きにもぴったりの大きさですね。

保冷・保温力も高く、マイナス40℃~100℃までの冷たさや熱さに耐える素材でできています。

哺乳瓶にも使われている素材なので安心です!

食器洗浄機や電子レンジでの取り扱いは出来ませんが、冷蔵庫での冷蔵・冷凍保存ができるすぐれものです。

何より一番の特徴はシンプルだけどおしゃれな見た目ですね。

透明なので中に入れる飲み物によって見た目の雰囲気も変わります♪

スムージーふがそもそも長期保存に向いている飲み物ではないので、適度な保冷力と容量があればそれでよく、見た目にこだわったおしゃれなボトルがいい!という方にはぴったりなボトルです!

内フタもついているので、中身がいきなり飛び出してこぼれてしまうということもないので嬉しいですね。

 

容量:500ml 参考価格:1,980円

>>amazonの購入ページはこちらから

 

nalgeneのボトル

ナルゲンはアメリカのメーカーで、そもそもは研究などで使用する試薬品のボトルを作っていました。

そしてそうした商品の耐久性を活かし、登山家やキャンプに人気の丈夫なボトル作りもおこなうようになりました。

またウリは容器の丈夫さだけではなく、ボトルのフタにもあります。

独自のキャップ構造を採用していて絶対にこぼれないとも言われるナルゲンボトルは、逆さになってもいいような密閉性を誇ります。

マイナス20℃~100℃までをカバーする保冷力・保温力も魅力的ですね。

口径も広く、スムージーの保存や持ち歩きにはぴったりのボトルになります。

 

 

トライタンボトル スレートブルー 容量:500ml 参考価格:1,720円

>>amazonの購入ページはこちら

 

トライタンボトル  オレンジ 容量:500ml 参考価格:1,500円

>>amazonの購入ページはこちら

 

 

トライタンボトル  ピンク 容量:500ml 参考価格:1,720円

>>amazonの購入ページはこちら

 

トライタンボトル  クリア 容量:500ml 参考価格:1,680円

>>anazonの購入ページはこちら

 

Floydのバブルボトル

Floyd(フロイド)のボトルは最近になって人気があります。

フロイドは陶器の食器やマグカップなどを製造しているメーカーです。

「HAPPY」「LOVE」「CHARGE」といったメッセージを、コミカルな吹き出し風に表現したボトルで、非常にかわいくおしゃれな見た目です!

また哺乳瓶にも使われるトライタンというガラスのような素材を使っており、ボトルでよく使わられるプラスチックよりも高そうで上品な雰囲気が漂っています。

それでいて割れにくく耐久性があって、軽いのが嬉しいですね。

幅6.3センチ×高さ19.5cm、500mlの容量とペットボトル感覚の大きさとなっており、スムージーを保存したり持ち歩いたりするにはもってこいです。

またマイナス40℃~100℃までと保冷力・保温力にも隙はありません。

飲む時にこぼれにくいように内フタがついているのですが、その内フタに取り付けて使う「アイスキューブ」が非常に便利です。

このアイスキューブに水を入れて凍らせて取り付ければ、氷の代わりに中の飲み物を冷たい状態で維持できるのです。

飲み物を凍らせたり氷を入れるわけではないので、溶ける時間を待ったり味が薄くなったりすることがないのです!

アイスキューブを取り付けると容量は410mlになりますが、その分夏場でも冷たまま飲めるのは嬉しいですね。

 

フロイド バブルボトル 容量:500ml 参考価格:1,720円

>>amazonの購入ページはこちら

 

その他のシンプルなタンブラー・マグボトル

ボトルの他にも保冷力や保温力、密閉性に優れた容器を保存や持ち歩きに使うのもおすすめです。

 

スムージーに一番おすすめな容器、SANSの真空ボトル

スムージーの保存に一番おすすめの容器をご紹介します。

それは現在人気急上昇中のSANSの真空ボトルです!

スムージーを保存するうえで一番大事なことは、「空気に触れないようにする」ことです。

空気に触れたまま保存すると、酸化して腐りやすくなってしまうためです。

常温だと4時間くらい経つと変色するスムージーでも、この容器を使えば変色させずに維持することができるのです。

しかもこの真空ボトルは使い方も簡単で、フタをして二、三回頭をプッシュするだけで、容器内の空気がなくなり真空状態になってしまうのです。

飲み口も広く容量も480mlと、ペットボトルに代わる持ち運びにも便利な容器です。

 

真空密閉ボトル 容量:480ml 参考価格:17,000円

>>amazonの購入ページはこちら

 

 

Rednek Sippers (レッドネックシッパー)のメイソンジャーボトル

保存や持ち運び用というよりは、まるでおしゃれなカフェで提供されるレトロでスタイリッシュな見た目が特徴のグラスボトルです。

クラシックでアメリカンおしゃれな見た目だけではなく、においがつきにくい上に内フタ付きで密閉性が高く、付属のストローには飛び出し防止用のストッパーが付いていたりと、しっかりと容器として必要な仕様性能を満たしています。

幅7.5cm×高さ13cm、容量480mlは決して持ち運びに向いているとは言えませんが、スムージーを自宅で飲む場合や保存する場合にはもってこいの大きさ、おしゃれな見た目になります。

 

容量:480ml 参考価格:1,500円

>>amazonの購入ページはこちら 

 

Alphabet Tumbler (アルファベットタンブラー)

大人向けのライフスタイルをコンセプトにしたブランドBRUNO(ブルーノ)と、マグボトルで超有名なTHERMOS(サーモス)がデザインコラボしたシンプルおしゃれなタンブラーです。

シックなモノトーンのカラーにシンプルなデザインはおしゃれ過ぎる雰囲気がありますね。

特徴としては、名前の頭文字に多い「A」「H」「K」「M」「R」「Y」や、「自分の」という意味の「MY」がデザインされてる点です。

自分にあったイニシャルで選ぶもよしですが、どのアルファベットにしても洗練されたおしゃれな仕様になっています。

容器自体はサーモスが作っているだけあって安心のスペックになっています。

ステンレス素材で2重構造の真空断熱材となっており、6時間経っても保冷なら11℃、保温なら65℃を維持することができます。

また幅6.5cm×高さ19.5cm、容量350MLとなっており、重さも170gと非常に持ち歩きに便利な大きさ軽さになっています。

口径は5cmと広くて氷も入れやすくなっており、飲み口の部品は分解しやすくてベタつきやすいスムージーでも洗いやすい仕様になっています。

アルファベットタンブラー 容量:480ml 参考価格:1,500円

>>amazonの購入ページはこちら

 

DOSHISHAのマグボトルmosh

まるで牛乳瓶のようなかわいい見た目に、ミルキーな淡いカラーが優しい印象のドウシシャのマグボトルです。

容量は350ml、450ml、500ml、カラーは11種類と自分の好みに合わせたお気に入りの一本を選べるボトルです。

保存にも持ち運びにもぴったりな容量、見た目ですね!

ステンレス製の2重構造で真空断熱材仕様となっており、12時間経っても保冷状態で13度以下、6時間経っても保温状態で70度以上を維持できます。

またどの容量でもバッグに入れて持ち運ぶのに便利な軽さな上、おしゃれな見た目で思わず持ち運んでしまいたくなるはずです。

 

容量:450ml 参考価格:1,600円

>>amazonの購入ページはこちら

スポンサードリンク