絶対に欲しくなる!スムージーの持ち歩きに便利なおすすめ水筒まとめ

スムージーにおすすめの水筒一覧

 

スムージーを持ち運ぶのに、水筒がおすすめだとご説明しました。

更にここでは現在販売されている中でも、人気の高いスムージーにおすすめの水筒をご紹介していきます。

どの水筒も保温冷機能が高くて、容量もそれなりにあって飲みやすく、値段も手ごろなものばかりです。

水筒を選ぶ際に特に注意が必要なことは、飲み口が広いタイプを選ぶことですね。

スムージーは粘度が高くなる飲み物なので、口径が小さいと飲みづらくなってしまいます。

氷も入れにくくなってしまいますからね。

 

タイガーのステンレスマグボトル

 

水筒でタイガーを知らない人はまずいないでしょう。

なんと、 1923年から魔法瓶の製造と販売を行っています。

現在は炊飯器やホットップレート、オーブントースターなど、様々な家電製品を作っていますね。

そんなタイガーの水筒でオススメなのが、人気の「サハラ」ブランドのマグボトルです!

 

スペック

容量:350ml、500ml、600ml
素材:ステンレス
重さ:170g、190g、230g
保冷効力:7℃以下
お値段(本体):2,000円~2,300円

※価格について
企業定価は約5,000から6,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

価格帯の幅は、割引率やサイズの違いによるものです。

 

 ステンレスミニボトル サハラマグ 夢重力 タイガー 600ml

>>この商品をamazonに見に行く

 

・二重の真空断熱構造で、保温冷機能が高い。
 ・口径が広くて、飲みやすい洗いやすい。
 ・サハラシリーズの夢重力設計で軽い。

 

本体はステンレス素材で、外側二層の真空断熱構造になっており、保温力も保冷力も高い水筒です(保温88℃以上、保冷7℃以下)。

3タイプの容量から選ぶことができ、それぞれ350ml、500ml、600mlとなっています。

350mlと500mlはミニマグボトルに位置づけられており、カラーも600mlより多くなっています(4色と2色)。

高さは16.4cm、21.6cm、25.1cmで、やはりタンブラーと比べるとかなり高さはありますね。

何よりも嬉しいのは、そのまま蓋をとって飲めるマグタイプの飲み口で、口径は6.6cmもあります。

スムージーを持ち運ぶのに、氷が入れやすいのはありがたいですね。

あとこのサハラシリーズは軽さを売りにしており、「夢重力」という、タイガーの自信作シリーズの一つです。

他社の同程度の容量サイズのものと比較すると、約20gずつ軽くなっています。

持ち運びで軽いのはかなりポイント高いです。

 

象印のステンレスマグボトル

 

タイガー最大のライバルでもある、象印が製造販売しているステンレスマグボトルです。

象印は、タイガーへのライバル心意識むき出しで象のロゴと社名をつけたことが有名ですね。

1918年から魔法瓶の内瓶を作っていましたが、1948年に本格的に魔法瓶の製造販売をスタートさせた企業で、現在はタイガーと同じく、炊飯器や電気ポッド、空気清浄機など様々な家電製品を取り扱っています。

そんな象印のおすすめの水筒は二種類あります。

 

スペック

容量:360ml、480ml、600ml
素材:ステンレス
重さ:190g、220g、240g
保冷効力:8℃以下
お値段(本体):1,800円~2,500円

※価格について
企業定価は約5,000から6,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

価格帯の幅は、割引率やサイズの違いによるものです。

 

             

直飲みステンレスマグ 600ml 象印

>>この商品をamazonに見に行く

 

・二重の真空断熱構造で、保温冷機能が高い。
・内面フッ素コートで色やニオイがつきにくい。
・口径が広くて、飲みやすい洗いやすい。
・パーツが少なくて洗いやすい。

 

「シティ×エレガンス」を謳っているだけあって、シンプルなのにおしゃれなデザインです。

4色(600mlは2色)あるカラーも、ディープチェリー、ローズゴールド、ターコイズブルー、ネイビーと女性向けな色なのに少し深みがあって、職場に持ち込んでも何らはずかしくない見た目となっています。

保温冷力はそのままに、真空層の幅をギリギリまで薄くしていることも、見た目をスタイリッシュにしています。

高さは容量別に17.5cm、21.5cm、24.5cmで、横幅6.5cm~7cmになっています。

そのまま飲めるマグタイプになっていて、口径が4cmあるのも嬉しいところです。

スムージーも氷も入れやすいです。

フタ部分のパーツが4個だけなので、毎日洗って組み立てるのも大変便利です。

 

スペック

容量:360ml、480ml、600ml
素材:ステンレス
重さ:190g、220g、250g
保冷効力:8℃以下
お値段(本体):2,100円~3,200円

※価格について
企業定価は約5,000から6,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

価格帯の幅は、割引率やサイズの違いによるものです。

 

              

クイックオープン&イージーロック ステンレスマグ 600ml 象印

>>この商品をamazonに見に行く

 

 ・二重の真空断熱構造で、保温冷機能が高い。
 ・内面フッ素コートで色やニオイがつきにくい。
 ・口径が広くて、飲みやすい洗いやすい。
 ・フタが簡単に開く&ロック機能で外れにくい。

 

最初にご紹介した象印のマグボトルと持っている機能はほとんど同じになります。

大きな違いはフタの構造です。

フタを開ける時、先ほどの商品より4/1程度を回すだけでよいので、簡単にすぐ飲むことができます。

フタを開ける時、先ほどの商品より4/1程度を回すだけでよいので、簡単にすぐ飲むことができます。

またフタを閉める時は、簡単にフタが開かないように自動でロックされる構造になっています。

ロックはワンタッチで開けることができますので、煩わしさを感じることはありません。

先ほどのマグボトルと比べて、見た目や便利さで自分の好みに合ったものを選べばよいでしょう。

 

サーモスのマグボトル

 

サーモスは1980年に創設された会社です。

主にステンレス製の魔法瓶などを製造販売しており、世界屈指の生産量や販売量を誇る企業です。

そんなサーモスのおすすめの水筒がこちらです。

 

スペック

容量:250ml、350ml、500ml
素材:ステンレス
重さ:150g、210g、210g
保冷効力:11℃以下
お値段(本体):2,100円~3,200円

※価格について
企業定価は約3,500から5,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

価格帯の幅は、割引率やサイズの違いによるものです。

 

          

真空断熱ケータイマグ サーモス 500ml

>>この商品をamazonに見に行く

 

 ・二重の真空断熱構造で、保温冷機能が高い。
 ・結露しにくい。
 ・口径が広くて、飲みやすい洗いやすい。
 ・パーツが少なく洗いやすい。

 

サーモスの真空断熱構造を備えた保温冷力が非常に高いマグボトルで、結露しにくいのも特徴です。

見た目もシンプルでおしゃれです。

フタは半回転させただけで外せる便利設計で、パーツも少なく洗いやすくなっています。

本体の口径は4cmあるので氷は入れやすいですが、飲み口自体は少し狭くなっています。

高さもあまりなく、スムージー用の水筒としては使い勝手がよいですね!

スポンサードリンク