スムージーを朝食や昼食、夕食に置き換えてダイエット効果を高める方法!

食事をスムージーに置き換えるダイエットに挑戦するには

 

一言にダイエットと言っても、食事内容を改善したり運動したり、生活を規則正しくしたりとその方法は様々です。

その中でも特に、あまり運動をすることが好きではなかったり得意ではない方は、やはり毎日の食事を見直すことでダイエットに挑戦する方法が、無理がなくてよいと思います。

また多くの人は食事内容を改善する方法として、まずは炭水化物や糖質を抜く方法を思い浮かぶ人が多いと思います。

ただこの方法で気をつけなければいけないことは、太りやすい栄養素を極端に抜くだけではなく、必要な栄養素はしっかりと摂取しなければいけないということです。

そもそも本来炭水化物や糖質、脂質は生活をする上で必要不可欠な栄養素であり、日々の活動の重要なエネルギー源であったり、肌の潤いといった美容面でも役に立っています。

炭水化物ダイエットや断食、プチ断食に挑戦するとこうした栄養素が不足するわけですから、身体はダルくなりがちで疲れやすく、肌もカサカサしがちになってしまいます。

また血糖値も上がりにくくなって満腹感も得られず、空腹感との戦いになります。

つまり食事内容を改善することでダイエットしようとする人は、太りやすい栄養素の摂取を減らしつつ必要な栄養素を補うことが重要で、更に継続するためには一定の満腹感を得ておくことがポイントになります。

ただ分かってはいても中々この方法を実践することは難しいです。。。

そこでこうしたダイエットを手軽に続けられる方法として、スムージーを食事に置き換える方法をおすすめしています。

 

スムージーを食事に置き換えることによるメリットは?

 

食事内容を改善する方法として、スムージーを食事に置き換えることが効果的だとご紹介しましたが、具体的にどのようなメリットがあるのか説明していきます。

 

摂取カロリーを抑えることができる

スムージーのカロリーは、野菜メインのグリーンスムージーだとコップ1杯分で約100Kcal~200Kcalになります。

普段自分が食事から摂取しているカロリーがどれくらいになっているか調べてみればわかると思いますが、平均的な成人男女の摂取カロリー1食分は大体500~700Kcalくらいになっています。

つまりスムージーで1食置き換えるだけで、摂取しているカロリーは普段の半分になるわけです。

食事内容を改善してダイエットするということは、まず摂取するカロリーを減らすことから始まります。

なぜなら無理して運動をしなくても、消費するカロリーが摂取するカロリーを上回れば、人は自然と痩せていくのです。

スムージーを食事に置き換えるだけで、ダイエットへの大きな一歩になるわけです!

ただし飲むスムージーの種類には気をつけなければいけません。

果物や糖分の多いフルーツスムージーなどは、含まれるカロリーも増えるため逆に太ってしまう可能性があります。

置き換えに使うスムージーは野菜をメインにしたものにしましょう。

 

必要な栄養素を摂取することができる

食事制限などによるダイエットをすると炭水化物や糖分の摂取量が減るので、毎日の生活のエネルギー源が減って疲れやすくなったり、筋肉量が減ってしまいます。

また摂取する脂質が減ると、美容にも影響を与えてしまいます。

完全にこうした栄養素の代わりになるわけではありませんが、スムージーを飲むことで身体に必要不可欠な栄養素を補うことができます。

スムージーで最低限のカロリーを補いつつ、ミネラルや食物繊維、ビタミンなどを摂取することで効率よく必要な栄養素を摂取することができるのです。

できることならその他の食事から、タンパク質を摂取できるメニューにしておくとよいでしょう。

また普段の食事をスムージーに置き換えることで、そもそも摂取する炭水化物や糖分を抑えることができる点もメリットです。

炭水化物や糖分は酸化や糖化を引き起こし、太るだけではなく老化現象にも影響を与えますので、こうした無駄な栄養素を制限することは重要です。

 

質のよい睡眠をとることができる

スムージーを食事に置き換える際に最も選ぶ人が多く、また効果的なのが夜ご飯に置き換える方法です。

その理由の一つとして、スムージーが食後の睡眠に対する身体に負担をかけにくい点が挙げられます。

つまり食事をスムージーに置き換えることで、質のよい睡眠をとることができるというわけです。

どういうことかと言いますと、普段の食事(ごはんやお肉など)だと、完全に胃で消化し切るまでには5時間~6時間ほどかかってしまいます。

例えば20時~21時に食事をして23時~24時に寝てしまうと、上辺では寝ていることになりますが、体内では活発に消化活動がおこなわれていることになるので、快適に寝ている状態とは言えないのです。

これを消化のしやすい液状のスムージーに置き換えると、スムージーの消化時間が大体1時間~2時間になりますので、就寝時には消化活動が終わり、身体に負担をかけることなく寝ることができるのです。

 

スムージーを食事に置き換えることによるデメリットは?

 

スムージーを食事に置き換えるデメリットについてもご説明しておきます。

ただ置き換えによるデメリットというよりは、スムージーに置き換える際の注意点になると思います。

 

空腹感を満たしきれない可能性が高い

ダイエットの一番の強敵はなんといっても空腹感です。

どれだけ普段意思が強くても、空腹感に負けてついつい食べてしまいダイエットを断念した人は多いと思います。

そしてこの空腹感を満たすのに、炭水化物や糖分はもってこいの食べ物なのです。

ですがもちろんダイエット中はこうした食べ物は制限をしなければいいけません。

そしてその代わりにスムージーを活用するわけです。

しかし正直、スムージーはもともと満腹感を得る食材を使っておらず、また液状にして消化しやすいように作りますので、そこまで空腹感を補うことができないのです。

あまり何も考えずにすぐ飲みきってしまうのではなく、時間をかけて少しずつ飲んだり、あまり食材を細かく切ったりしないようにしたり、水分量を減らして飲みごたえを増やすなど工夫をすると良いでしょう。

 

無理に置き換えて飲み過ぎると悪い影響を及ぼすことがある

スムージーはあまり満腹感を得にくいとご説明しましたが、だからといって飲み過ぎればよいというものではありません。

確かに含まれている栄養素は基本的に身体に悪いものではありませんし、飲み過ぎたら太るということもありません。

しかし元々スムージーは冷えた飲み物なので、お腹を冷やしたり壊したりしやすくなってしまう可能性があったり、また食物繊維の多いスムージーを飲み過ぎると、お腹を下したりしてしまいます。

1日1リットル飲む程度なら問題ありませんが、食事に置き換える際はコップ1杯~3杯ほどを目処にしておきましょう。

 

スムージーを食事に置き換える効果的な方法は?

 

では実際にどのようにしてスムージーを食事に置き換えればよいでしょうか。

先に説明してしまいましたが、効率よくダイエットに結びつけたいならまずは夜ご飯を置き換えるのがベストです。


なぜなら、1日で最もカロリーの摂取量が多くなりがちなのが夜ご飯なので、スムージーに置き換える効果が最も高くなりやすいのです。

また睡眠の質を高めるためにも、夜ご飯後に身体に負担をかけないスムージーはうってつけなのです。

胃を休めることで眠りやすい環境を整えることは、自律神経を休めることにもつながりますので、精神的に安定した生活を送ることができるようになります。

日々のストレスを少しでも減らすことは暴飲暴食の抑制にも効果的で、肥満防止に重要なポイントとなります。

もちろん飲み会や外食で夜ご飯に置き換えることができなくても、朝ごはんや昼ごはんに置き換えるだけで十分にダイエットに効果を上げることができます。

スムージーに含まれている栄養素を毎日きっちりと摂取することで、ダイエットだけではなく、便秘の解消や美容、老化防止に向けた体つくりができるのです。

ちなみに1日2食をスムージーに置き換えるのはあまりおすすめしません。

そこまですれば空腹感も並大抵のものではありませんので、継続してダイエットに挑戦することが難しくなります。

一番大事なことは無理せず毎日少しずつ痩せる身体を作ることです。

1日1食置き換えるだけでも、1ヵ月続ければ効果は必ずでてきますので、焦らず無理せずじっくりと取り組みましょう。

またスムージーに置き換える食事以外に炭水化物や糖分の摂取は控えることが大事です。

できることなら魚やお肉といった食事からたんぱく質を積極的に摂るようにするか、少し極端にするならプロテインやきな粉を食事に取り入れたりしてみましょう。

ダイエットに挑戦すること自体が本当にそうなのですが、スムージーを食事に置き換えてダイエットする際も、長期間継続することが大事です。

置き換えるスムージーも毎日同じものを飲んでいれば飽きてしまうので、色々な味に変えたり、水を豆乳や牛乳、ヨーグルトに変えたり素材を変えたりと、極力ストレスを貯めないように自分のリズムで取り組みましょう。

無理をするとせっかく痩せてもすぐにリバウンドにしてしまいかねません。

手っ取り早く毎日手軽に時短で置き換えるスムージーを作りたいなら、水や牛乳に混ぜるだけで簡単に作れる、粉末タイプのグリーンスムージーを試してみるのもおすすめです!

実際に私が購入して飲んでみたレビューもありますので、興味のある方は是非読んでみてください♪

 

 

 

スポンサードリンク