スムージーとおならの関係!おならの仕組みや原因、においの改善方法は?

おならは生きていく上で必要不可欠な生理現象!

 

この世におならを1度もしたことがない人はいないと思います!

(いきなり何を言い出すんだと思われた方はすいません。。)

おならは人間の一般的な生理現象なので、誰でもしたくなるものです。

もちろん人前でしてしまったら大変恥ずかしいですが、 おならは本来体内の不要なガスを体外に排出する、生きていくために必要な機能です。

ただし、心身に異常があった時にはその量や回数が増え、またにおいもキツくなってしまう場合があります。

ここではおならの仕組みや原因、におい等の改善方法についてご紹介していきます。

また、おならの発生と深い関係を持つ腸内環境を整える、スムージーとおならの関係についてもご説明していきます。

 

おならとはそもそも何なのか?その仕組みについて。

そもそもおならとは、 その70%~90%が空気、残りは腸内ガスで構成されています。

そしてこの腸内ガスが、においのもととなる成分を含んでいるのです。

つまり、お尻から出たおならの10%~30%くらいがにおいの正体なのです。

食べ物によっても大きく変わってはきますが、腸内ガスは基本的に窒素や水素、 二酸化炭素や硫化水素、メタンなどの成分でできています。

そして腸内ガスの大部分は、食事や唾液を飲み込む際の空気と一緒に
腸内を刺激し、便を前進させる働きがあります。

要は便を肛門へ押し出す役割を果たしているのです。

成人だと体内に約コップ1杯分の腸内ガスがためられており、 普段の生活の中で常に排出され、作りかえられています。

腸内ガスは1回に500ミリリットル~2リットルの量で、 1日に15回~20回にわたって排出されます。

そうです。あのイケメンもあのべっぴんさんも1日に15回~20回は必ずおならをしているのですよ!!

おならは何も恥ずかしくないのです。

ただ排出されるガスの85%は吐く息として使われ、残りの15%がおならとして使われます。

要は身体にたまったガスはほとんど口から吐き出しているわけですね。

そしてこの排出がうまくいっていない時などが、いわゆる「お腹がはった状態」になるわけです。

 

おならの回数やにおいに影響を与える原因

おならに関して特に多い悩みは

・おならの回数や量が増えてしまう
・においがきつくなってしまう

ことだと思います。こうした症状は、特に下記のようなことが原因と考えられます。

 

空気の吸い込む量が増えることで、おならの回数や量が増える

欧州の文化とは異なり、日本人は熱い食べ物を少しでも冷まして食べるために、空気を多く吸い込んでしまいます。

またよく噛まずに食べる早食いの人は、唾液の量が少なく、食べる際に空気を多く取り込んでしまいます。

先におならの70%~90%が空気だとお伝えしましたが、 当然空気の量が増えればおならの量も回数も増えてしまうのです。

また、ストレスによって空気嚥下症を患ってしまうと、おならの回数や量が増えてしまいます。

空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは、日本人の約8人に1人がかかっているといわれている国民病のひとつです。

緊張したり考え事をしてストレスを感じてしまうことが原因で、唾液とともに空気を無意識に飲み込みすぎてしまい、ゲップやおならが出やすくなる症状です。

吸い込みすぎた空気が胃でふくらんで一杯になればゲップになり、胃が緊張してふくらむことができない場合は、腸に送られてからおならとして排出されてしまいます。

 

分解する食べ物が原因でおならの回数やにおいが変わる

腸内ガスは、食べ物が腸内細菌によって分解される際に発生します。

そしてその分解される食べ物によって、腸内ガスの回数やにおいが変わってきます。

 

炭水化物
ごはんやパンなど、分解されると二酸化炭素や水素、メタンなどが発生します。ただしあまりにおいはきつくはありません。

 

たんぱく質
肉や卵、ねぎやにんにくなど、分解されると硫化水素、二酸化硫黄、二酸化炭素、腐ったバターのにおいのする酪酸、アンモニア、インドール、アミンアなどが発生します。

こうした硫黄分が多い食べ物は、少しの量でもかなり強烈なにおいのもととなります。

 

脂肪
脂肪は分解されると脂肪酸となり、汗に近いにおいを発します。

また牛乳が苦手な人は、小腸で吸収されない成分の乳糖が大腸に到達して、腸内ガスを発生させることがあります。

少し特殊な例ですが、肝硬変や心不全の人は、腸の粘膜の血流が低下して腸内ガスの吸収が悪くなると、腸内ガスの量が増えてしまったりもするのです。

 

食物繊維
便秘予防のためと食物繊維の摂取が過剰になっている場合、腸内での発酵が活発になり過ぎて、腸内ガスが発生してたまりやすくなったり下痢になってしまう場合があります。

また小腸には繊維分を分解する酵素がないため、そのまま大腸に送られて分解されるのですが、この時にガスが発生してしまいます。

サツマイモを食べるとおならが出やすくなるのはこのためです。

 

おならの我慢は絶対ダメ

何度も言いますが、おならは誰しも必ずしてしまうものです。

いくら人前にいる時間が長いからといって、おならを我慢すると更に腸内環境を悪くしてしまいます。

具体的には、 腸の中で排出されずにたまっている腸内ガスは腸壁から血管に吸収されて全身をまわり、血中にたまって肩こりや腰痛の原因となってしまいます。

また、たんぱく質などから分解された硫化水素が腸内にたまり続けると、大腸炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

おならの我慢によって腸にガスをためないようにするためにも、まずは規則正しい食生活と排便習慣を大事にしなければいけません。

もちろんストレスを抱え込んで、胃腸の動きを悪くしないことも非常に重要です。

たかがおなら、されどおならです!

 

おならの回数を減らし、においを抑える方法

腸内菌のバランスを保つ

おならのにおいは、腸に住む菌のバランスに大きく影響されます。

その中でも特に、善玉菌と悪玉菌のバランスが大事です!

たんぱく質が分解された際に発生する悪玉菌は、おならのにおいをきつくしてしまうアンモニアや硫化水素を作り出してしまいます。

一方で、CMなどでもよく紹介されている乳酸菌などは善玉菌になります。

良好な腸内環境を作るためには、この「乳酸菌」を積極的に摂取することがおすすめです。

ただし、あくまでもこれらの菌の腸内での「バランス」が大事になってくるので、どちらかが不足して体調が悪くなったり、おならのにおいがきつくなってるな、と感じたら食べ物や生活習慣を見直したほうが良いでしょう。

 

適度に食物繊維をとる

食物繊維は腸の活動を活発にする働きがあります。

腸内の老廃物を巻き込み、蠕動運動を促したりするので、食物繊維を摂取することで腸内環境を整え、排便機能を高めることができるのです。

ちなみに蠕動運動とは腸がウネウネ芋虫のように動くことで便を送り出す機能のことです。

結果的にこうした機能を高めることで、腸内ガスがたまることを防ぐことができるのです!

ただし食物繊維の摂取も過度になると便秘や下痢を引き起こすので、食べ過ぎればよいというものではない点には注意が必要です。

 

その他

においの消臭機能が高い、ポリフェノールを含んだ食事をすることもおすすめです。

お茶に含まれるカテキンや、野菜のパセリなどはポリフェノール含有量が多く、またアンモニアや硫化水素の吸収を抑制するクロレラもおならの消臭に効果的です。

 

スムージーで腸内環境を整える

以上がおならの仕組みやその原因、におい等の改善方法になります。

何度も言いますが、基本的におならは誰でも1日に何回もしているものであり、人間に必要な生理現象になります。

ただし食生活や生活習慣が不規則で、体調が悪かったりストレスを過度に抱え込んでいた場合、おならの回数が増えたり、においがきつくなってしまいます。

こうした改善方法の一つに、当サイトでは特にスムージーを飲むことをおすすめしています。

腸内環境を整えて腸内ガスの過剰な発生やにおいを抑える食物繊維を、適度に手軽に摂取できるためです。

食物繊維を効率よく摂取することで蠕動運動を促し、腸の働きを高めることで便の排泄を効率良くし、腸内環境を整えることで腸内ガスがたまることを防ぐのです!

ただし繰り返しになりますが、食物繊維の摂取のし過ぎは下痢や便秘を引き起こしてしまうため、 注意が必要です。

またストレスや、 普段から加工食品など柔らかいものを食べていて 腸の働きが弱っている人は、水分主体のスムージーを飲んでも、 便を先に送り出す力が弱く便秘になってしまので注意が必要です。

 

スムージーを飲み始めた時のおならは好転反応のしるし

スムージーを飲み始めた時に、おならの回数やにおいがきつくなってしまう場合があります。

というと、これまで説明してきた内容と違うじゃないか!

と言われてしまうかもしれません。

ただこの場合におならの回数やにおいがきつくなってしまうのにはちゃんとした理由があります。

それは、スムージーを飲むことで腸内環境が整い始め、それまでため込んでいた腸内の老廃物を排出しようと身体が働きかけているのです

具体的には、スムージーを飲むことで増えた、体内の酵素が作用して食べ物の分解が進んだり、食物繊維等の栄養素によって腸内活動が活発になって腸内ガスの排出を促したりと、そりゃおならも増えて仕方ないといった状況になってしまうわけです。

この現象を一般的に「好転反応」と言います。

ただこれはご説明した通り、それまで身体にたまっていた老廃物を吐き出す働きが活発になっただけで、通常は身体が慣れてくれば症状も収まってきます。

もし身体の異変が止まらない、また症状が悪化してくるようでしたら飲む量を減らす必要がありますが、基本的には身体にとってよい兆候だということを覚えておいてください。

ここではおならに関して、スムージーと好転反応の関係についてご説明しましたが、他にもスムージーを飲むことによる好転反応には吹き出物や、重いものは発熱までと幅が広い症状がありますので、ご自分の身体に合った飲み方を試されてみてください。

 

スポンサードリンク