スムージーと下痢の関係とは?下痢の原因や仕組み、メカニズムを簡単解説

スムージーと下痢について

 

スムージーを飲み始めると、お腹の状態が緩くなって下痢になってしまう人がいます。

体調を崩したり、何かしらの病気にかかって下痢になってしまう人はよくいますが、スムージーを飲んだことで下痢になってしまうのにはちゃんとした理由があります。

ここでは、下痢になる原因や仕組み、そのメカニズムについてご紹介していきます。

またそうした仕組みを通して、なぜスムージーが下痢を引き起こしてしまうのかも合わせてご説明していきます。

ご自分の身体に何が起こって下痢になるのか、しっかりと理解を深めておきましょう!

 

そもそも下痢とはどんな状態のことを言うのか

私たちは普段生活をしていると、主に飲み物や食べ物から水分を補給しますが、この方法でおよそ毎日3リットルほど水分を体内に取り入れています。

また体内に元々蓄積されていた胃液や胆液などの消化液も、体内で毎日6リットルほど循環しています。

つまりこれら約9リットルの水分が、体外へ排出されるために毎日腸へ流れ込んでいる計算になります。

なんと9リットルです!

流れ込んできた水分は小腸で栄養とともに7リットルほど吸収され、大腸では残りの2リットルがほぼほぼ吸収されて、最終的に便が生み出されます。

この時に便自体の水分量が60%~70%ほどであれば正常なお腹の状態とされ、便のうち90%以上が水分になると下痢と呼ばれる状態になります。

つまり、体内に取り入れられた水分はほぼほぼ腸内で吸収されるわけですが、最後に残ったわずかな水分量によって、便が下痢状態になるか決まるわけです。

 

下痢がおこる仕組みやメカニズム

便の水分量が多いと下痢状態になってしまうとご説明しましたが、ではなぜ便の水分量は増えてしまうのでしょうか。

主な原因は、口にした食べ物の性質によるものや、身体の状態が悪化したために便の水分量が増えてしまうことです。

 

食べ物と身体の浸透圧の差による下痢

体内で水分を吸収しようとする力よりも、便となる食べ物自体の水分吸収力が高い場合は水分が多い便になってしまい、結果的に下痢になってしまいます。

この水分を吸収する力のことを浸透圧と言います。

 

腸で分泌される毒素が引き起こす下痢

腸は通常水分を吸収する役割がありますが、一方で様々な分泌液を出しており、この分泌液が毒素となって体内に悪影響を与えて下痢を引き起こしてしまうことがあります。

 

腸内で炎症が引き起こることによる下痢

身体の状態がよくなく腸内で炎症が発生してしまうと、腸の粘膜から血液や血清蛋白などの液体がにじみ出てしまい、腸の中で水分量が増えて下痢になってしまいます。

 

腸が異常な働きをして起こる下痢

腸が食べ物や便を肛門に送る機能を蠕動運動と言いますが、この蠕動運動が活発になり過ぎると水分を吸収する前に便が排出されてしまい、結果的に下痢となってしまいます。

 

下痢を引き起こす原因について

どのようにして下痢が引き起こってしまうかについてご説明しました。

ではそうした状態になぜなってしまうのか、下痢の原因についてご紹介します。

通常下痢は最大でも2週間ほどで治ることが多いのですが、それらは急性な下痢として扱われることが多いです。

そしてこうした急性の下痢には、大きく分けて食生活によるものと、食中毒や感染によるものが主な原因になります。

 

原因が食生活によるもの

・暴飲暴食(水分を吸収しきれないため)
・アレルギー発症(水分量を増やす排泄機能が高まるため)
・乳糖不耐症(水分を便として集めやすい乳糖に耐性がない人)便として集めやすい乳糖に耐性がない人)
・アルコールの過剰摂取(身体の水分吸収機能が低下するため)

 

原因が細菌に感染した急性胃腸炎によるもの
※以下原因となる細菌類

・腸炎ビブリオ(生の魚介類、刺身や寿司に含まれる菌)
・サルモネラ(生の卵や加工品、食肉)
・黄色ブドウ球菌(おにぎりやいなり寿司)
・カンピロバクター(加熱処理されていない生肉)
・ノロウイルス(加熱不足や生の貝類)

またこれら2週間ほどで通常は治る急性の下痢とは異なり、生活習慣病やストレスが原因で起こる過敏性腸症候群にかかってしまうと3週間以上経っても中々治らない慢性的な下痢を引き起こしてしまいます。

 

スムージーと下痢の関連性について

スムージーを飲み始めると、急に下痢になってしまう人がいます。

これは、これまでご紹介したような下痢とは少し性質が異なり、身体の異常や細菌感染といったものが原因で起こるものではない場合が多いです。

その人自身のもともとの体質の問題もあるのですが、スムージーを飲み始めたことにより、それまで溜まっていた身体の毒素が急激に体外に排泄される仕組みが働き、水分量の調整がうまくいかずに下痢になってしまうのです。

こうした身体の浄化作用を「好転反応」といいます。

酵素や食物繊維などの栄養素を急に大量に摂取したことにより身体が反応し、体内の老廃物や毒素を体外に排出しようとする結果、血流に化学物質やコレステロール、中性脂肪などが含まれ、その過程でこうした毒素や老廃物が身体に悪い作用をもたらしてしまうのです。

この好転反応には下痢だけではなく、下記のような症状も引き起こしてしまいます。

 

下痢や便秘になる
・黄色や茶色い尿が出る
・頭痛や腰痛、関節痛
・吐き気をもよおす
・怠さ、集中力の低下を感じる
・熱っぽさ、微熱、寒気
・吹き出物やニキビができる
・扁桃腺が腫れ、鼻水やたんが多くなる
・体臭や口臭がきつくなる

 

好転反応が起こるとこうした症状が約1週間~2週間くらい続くことになります。

特に普段から脂肪やコレステロールの多い栄養の偏った食事をしている人は、体内での反応や刺激も強くなります。

また運動不足の人は、普段から汗をかいて老廃物を体外に出したりできておらず、血流が悪く代謝も低かったりするので反応が強くでる傾向があります。

こうした人はスムージーを飲む回数を分けたり、飲む時間を変えたりするとよいです。

ただ好転反応はあくまでもスムージー飲み始めの一時的な反応になりますので、あまり過敏に反応する必要もないと思います。

「あぁこれはスムージーを飲み始めて身体の毒素が抜けてきてるんだな」

くらいの感覚でいるとよいと思います。

それよりも、普段の食生活を気をつけたり、軽い運動をするなど他に取り組めることに取り組んでみたほうがよいかもしれません。

ただし好転反応は漢方や鍼治療の際に、副作用や不適応をごまかすためのセールストークとして使われることもありますので、自分の身体と相談しながら、あまりにも症状が気になるようでしたら病院に通ってみて下さい。

 

スポンサードリンク