サーモスタンブラーの全てを簡単解説!スムージーの持ち運びにもおすすめ

タンブラーといえばサーモスタンブラー!

 

タンブラーの代名詞として有名なメーカーといえば「サーモス(thermos)」。

この記事では、サーモスタンブラー誕生の背景やおすすめのタンブラーをご紹介していきます。

スムージーを冷やしたまま、あったかいまま持ち歩きたいなら、真空断熱構造に強いサーモスのタンブラーを選ばない理由はありません!

 

サーモスの名前の由来って何?

サーモスという名前は、ドイツで1904年に設立された、世界で初めて真空断熱魔法瓶を製品化した「テルモス」という会社の名前に由来しています。

そしてこの「テルモス」という名前は、そもそもギリシャ語の「熱(Therme)」からきています。

その後この会社は商標を譲り、同じ機能の製品も世界に広がって、この魔法瓶の名前はサーモスと広く呼ばれるようになりました。

 

王道タンブラーを生み出すサーモス株式会社とは?

サーモスタンブラーを生み出している現在のサーモス株式会社は、日本の日本酵素という会社がその始まりです。

実は日本の会社だったんですね。

日本酵素という会社は、1978年に世界で初めて「ステンレス」製の真空断熱材魔法瓶を開発・発売していました。

そして1980年に日酸サーモを新たに設立して魔法瓶事業を初め、1989年にイギリス、アメリカ、カナダのサーモスグループに加え、本家のドイツ社も傘下に従えるようになりました。

そして社内で統合をおこない名前も変え、現在のサーモス株式会社が誕生しました!

一応もともとの源流会社である太陽日酸の完全子会社となっています。

また商品の開発や製造などは、金属加工で技術力のある新潟に事業所をおいています。

タンブラー以外にも弁当箱や水筒、ポットやコーヒーメーカーなども販売している日本を代表する企業なのです!

 

サーモスの真空断熱タンブラーの種類

 

サーモスのタンブラーの種類は大きくいうと1種類しかありません。

基本的には全て「ステンレス製の真空断熱材」製のタンブラーになります。

その中で「カップ型」と「タンブラー型」があり、「タンブラー型」には丸みのあるものとないタイプがあります。

そしてそれぞれがサイズ違いで展開されているわけですね。

またいろいろなセット数での販売もされています。

 

真空断熱カップ
300ml・400ml

 

真空断熱タンブラー(まっすぐタイプ)
300ml・350ml・400ml

  

 

真空断熱タンブラー(まるみタイプ)
340ml・420ml・600ml

  

 

おすすめのサーモスタンブラーをご紹介!

 

サーモスのタンブラーは基本的にはどれも「同じ機能」を備えていますので、あとは用途や好みで形やサイズを選べばよいと思います。

 

真空断熱カップ

スペック

【容量】300ml、400ml
【サイズ/幅×奥行×高さ(cm)】
9.5×9.5×8、10×10×9.5
【重さ】100g、200g
【参考価格(400nl)】1,500円~2,800円

※価格について
企業定価は約3,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

 

真空断熱カップ 400ml

>>この商品をamazonに見に行く

 

冷たい水やお茶、ジュースなど冷たいものを飲む時や、コーヒーやココアなど温かいものを飲む時におすすめです!

カップ型なので、特に家の中で保温冷しながらゆっくりと飲む時に便利ですね!

300mlと400mlのサイズから選べます。

小さめのペットボトル350mlより少し小さめ、大きめのサイズといったところでしょうか。

ホットでもアイスでも使えて、冷たい飲み物だと結露しにくく、あったかい飲み物だと外側が熱くなりにくい構造になっています。

家族分揃える場合だと、重ねて収納ができるスタッキング構造が便利で場所をとらず、また食洗機で洗浄することができます。

底のカバー部分はゴムでできていて滑りにくく、取り外しも可能です。

飲み物だけではなく、味噌汁を入れたりアイスクリームを入れたりと用途は様々ですね♪

どんなものを飲む、食べる時にも使えるので、一家で一人に1つ揃えておいてみてはいかがでしょうか!

 

真空断熱タンブラー(まっすぐタイプ)

スペック

【容量】300ml、350ml、400ml
【サイズ/幅×奥行×高さ(cm)】
7×7×12.5、7×7×14.5、7×7×16
【重さ】100g、200g、200g
【参考価格(400ml)】1,000円~1,500円

※価格について
企業定価は約2,000円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

 

  

真空断熱タンブラー 400ml

>>この商品をamazonに見に行く

 

サイズは300ml、350ml、400mlの3種類から選べます。

冷たい飲み物を入れても結露しにくいので、テーブルが汚れにくいです。

キンキンにひえたビールや炭酸飲料を飲む時に最高ですね。

また熱い飲み物を入れても外側が熱くならないので、熱々のまま飲み物を飲むことができます。

これぞサーモスならではのステンレス製真空断熱技術のたまものですね!

この構造により保温・保冷力も非常に高くなっています。

例えばこのタンブラーと普通のガラスコップに水と氷を入れて常温(20度程度)で放置した場合、ガラスコップの氷は2時間もかからずに全て溶けてしまうのに対して、サーモスタンブラーは7時間近く氷が溶けることがありません!

部屋で飲み物を7時間も放置することってあまりないと思うので、その時間内は常に冷たい飲み物を飲むことができるんですね。

ステンレス製なので割れにくく、子供でも持ちやすい形なので安心です。

 

真空断熱タンブラー(まるみタイプ)

スペック

【容量】340ml、420ml、600ml
【サイズ/幅×奥行×高さ(cm)】
7.5×7.5×13、7.5×7.5×15.5、8.5×8.5×16.5
【重さ】200g、200g、200g
【参考価格(600ml)】1,300円~1,800円

※価格について
企業定価は約4,500円ですが、ネットで購入すれば上記程度の価格で購入ができます。

 

  

真空断熱タンブラー 600ml

>>この商品をamazonに見に行く

 

       

真空断熱タンブラーふた

>>この商品をamazonに見に行く

 

いわゆるサーモスの「定番タンブラー」です!

飲み口が広めで丸みのある形をしており、持ちやすいように持ち手部分が少しキュッと絞った見た目になっています。

容量も他のタイプに比べて多く、340ml、420ml、600mlの中から選ぶことができます。

500mlのペットボトルよりも少し多めの量のサイズも用意されています。

保冷力、保温力の高さは他のタイプと同じ機能ですが、特にこのタイプだけに嬉しい機能があります。

それは、「持ち運びができるフタ」がついていることです!

正確には「別売り」でついてくる、ですが。。。

サーモスのタンブラーを使って水やお茶などの冷たい飲み物や、コーヒーなど温かい飲み物を会社や職場に持って行きたい方は、このタイプのタンブラーを選べば間違いなしです!

ただ完全密閉ではないので、カバンの中でタンブラーが横にならないようには気をつける必要があります。

 

どの種類を選んでも満足できるサーモスのタンブラー。

気温によって栄養素の減少量が左右されるスムージーの持ち運びにも非常におすすめです!

他にも下のリンク先の記事では様々なメーカーのタンブラーをご紹介しています!

興味のある方は是非こちらも読んでみてください♪

スポンサードリンク