疲れが取れにくい身体におすすめ!簡単な疲労回復スムージーの作り方

疲労回復に効果的なアスパラギン酸やクエン酸、リンゴ酸たっぷりのスムージー

 

なんとなくダルいなど、なかなか疲れが取とれないときは疲労回復に効果的なアスパラギン酸やクエン酸をいつもより多めに摂りましょう。

疲れやすい身体、疲れがとれない身体におすすめのスムージーの作り方をご紹介します。

 

アスパラギン酸でスタミナ回復!アスパラガススムージー

カロリー:124kal 食物繊維:1.6g

アスパラ特有のアスパラギン酸がスタミナを回復してくれます。

バナナでエネルギー源となる糖質を補給し、ビタミンとミネラルをバランスよく含む青じそが、エネルギー代謝を活発にします。

疲れた身体にアスパラギン酸でたっぷりスタミナをつけましょう!

 

材料(できあがり250ml)

青じそ:5枚

・一口大にちぎる

グリーンアスパラガス:2本

・根元の硬い部分を折り、はかまを除いて一口大に切る

バナナ:1/2本

・皮をむき、一口大に切る

 

作り方

ミキサーに青じそ、アスパラ、バナナの順に入れ、牛乳を加えて蓋をして攪拌する。

 

クエン酸とリンゴ酸で疲労回復!トマト&グレープフルーツスムージー

カロリー:170kal 食物繊維:2.7g

運動後にレモンなどを食べたくなるのは、酸っぱい食材に疲労回復効果があるからです。

さらにトマトやグレープフルーツ、りんご酸のクエン酸やリンゴ酸には疲労物質を分解する作用があります。

 

材料(できあがり400ml)

トマト:1個

・へたを除き、皮つきのまま一口大に切る

グレープフルーツ:1個

・横半分に切り、スクイーザーで絞る

りんご酢:大さじ1

はちみつ:大さじ1

 

作り方

ミキサーにトマトを入れ、グレープフルーツの絞り汁、りんご酢、はちみつを加えて蓋をして攪拌する。

 

まとめ

 

この記事では、疲れやすいの身体の改善に効果的なスムージーのレシピや作り方についてご紹介しました。

ですが「わざわざスムージーを作っている時間がない!」「手間をかけずに症状を治したい!」という方がいらっしゃるなら、現在は市販で販売されている粉末スムージーがおすすめです!

症状に効く必要な栄養素がたっぷりと含まれていますので、少しでも早く手軽に効果を出したいなら粉末酢スムージーが一番です。

下記の記事も是非読んでみてください♪

 

 

 

スポンサードリンク